2013-03-29

木楽舎「孫の力」第11号



2月にご取材頂いた木楽舎「孫の力」第11号が発売されました。

「着物を遺す 仕立て直せば世代を結ぶ」というタイトルで、祖父がデザインと染めを、祖母が刺繍を施した牡丹の帯や
祖父が母の成人式に贈った帯を紹介させて頂きました。

私が生まれた時既に祖父は他界しており、私は直接祖父を知りません。

しかし、こうした思いのこもった着物を残してくれたことで、今もつながっているということを実感せずにはいられません。

着物のほか、無人島を遺す、美空ひばりを遺す、本棚を遺す・・・など様々なのご家族の気持ちが掲載されています。

ぜひお手に取って、ご高覧くださいませ。

海老蔵似のカメラマンさんに、素敵に撮って頂き嬉しいです。


感謝と責任を胸に・・・

JADE PR 島崎由佳子

2013-03-14

体内の糖化度・酸化度、測れるのです!


 ここ10年ほどで一般化した「抗酸化」、そしてそれに続く「抗糖化」という言葉。

ベータカロチン、リコピン、アスタキサンチン、ポリフェノールといった抗酸化物質とそれを多く含む食品が広く知られ、
インナービューティの意識向上のきっかけとなりました。

これらは「美容=表皮に塗る」というそれまでの意識を、体内&身体を作る栄養分へと広げた重要なキーワードだと思います。

しかしながら、外見からは自分の体の中がどれほど糖化・酸化しているか判断できません。

それが測定できる医療機器があるのです。


昨日、銀座にある健康院クリニックで、体内糖化度・酸化度の測定に関するご取材に立ち会いました。

2月にオープンした健康院クリニックは、
株式会社ファンケル名誉会長の池森賢二を発起人代表とし、理事長に日本の老年医学の第一人者である折茂肇医師、
院長にアクティブ・エイジングに造詣の深い岸本佳子医師を迎え、統合的な予防医療を提供する施設です。

最新鋭の医療機器による各種検査を実施し、将来の疾病リスクをチェックした上で、病気にならないために点滴療法、
一人一人の体調に合わせて処方したドクターズサプリメント、食事療法、運動療法などを提供し、
未病の段階から病気の原因を取り除き、健康であり続けるサポートをします。









今回のご取材は、体内の糖化度・酸化度の測定と、その対処法です。

酸化度測定は尿検査ですが、
糖化度測定は専用の機材に腕の内側を置くだけというから、驚きです!













そして別室へ移動し、医師のカウンセリングを受けます。

酸化は抗酸化物質の摂取や生活習慣の改善で回復するのですが、糖化は一度進むともう取り戻しがきかないそう!!
確かに、測定したエディターさんも酸化度は理想的な数値でしたが、糖化年齢がすごいことに。。。

しかも若い方の方が、糖化年齢が進んでいる傾向にあるそうです。

先生が理由として挙げられていたのは、ファストフード、スイーツが「身近にたくさんありすぎる環境」とのことでした。

忙しい現代人ですので、ファストフード、コンビニに一切行かない!というのも到底無理。
好きなものを我慢して逆にストレス・・・という心理もわかりますが、
「3食ケーキだけでいい」など、とにかく「身近にたくさんありすぎ&いつでも好きなだけ食べられる」環境が、
若年層の糖化年齢を引き上げている原因の一つでは、と警鐘を鳴らしていらっしゃいました。
(私、身に覚えがありすぎ・・・・)

過度の糖化は将来、脳梗塞、心筋梗塞に、酸化はアルツハイマー、動脈硬化につながる可能性があるため、
 ビタミンB群、C、E、亜鉛、マグネシウム等のミネラル、アルファリポ酸、ポリフェノール等をバランス良く取ることが大事です。





そして、一人一人の体調や状況に合わせ“ドクターズサプリメント”を処方してくれます。

これらは医療用のもので、市販はされていないものです。














また、血液にオゾンを注入して体内に戻す「血液クレンジング」も抗酸化に大変効果がある治療法です。

※血液クレンジング®は医療法人財団健康院の登録商標です。















今年こそ、生活習慣を改めようと誓いました。



感謝と責任を胸に


JADE PR 島崎由佳子